• ホーム
  • 知らずに使っていると損をする!?まつげ育毛剤とまつ毛美容液の違い

知らずに使っていると損をする!?まつげ育毛剤とまつ毛美容液の違い

自まつげを長く太く育毛する方法として、多くの女性が利用しているのがまつげ育毛剤とまつ毛美容液の二種類だとされています。しかしこの2つの違いを正しく理解せずに使用している方も増えてきていることから、正しい利用方法が守られておらず、きちんと育毛効果や美容ケアができていなかったり、場合によっては肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。
目元は非常にデリケートな部位でもあるので、まつげ育毛剤とまつ毛美容液を使用する場合には美容効果や使用用途、正しい使い方を理解しておくことをおすすめします。まずドラッグストアや薬局などでも取り扱いが増えてきているまつ毛美容液とは、まつげにハリやコシを与える効果のあるヒアルロン酸や、育毛に必要となる成長ホルモンを分泌させる褐藻エキス、潤いを与えて保湿を行うコラーゲンなどの天然成分を主に配合しているのが特徴です。
まつ毛美容液は、日頃からマスカラやビューラーを利用して目元にダメージを蓄積させてしまっている方に向いており、ダメージを受けて弱っているまつげ全体に塗布することでトリートメント効果をあたえ、ハリとコシを与えて抜けにくくさせるメリットがあります。
すでに生えている毛に対して本体の質感を高める効果を得たいという人におすすめです。美容液に含まれている成分はあくまでも天然成分で、深刻な副作用などが起こる心配がありません。そのためまつ毛美容液は化粧品の分類となっています。
まつげ育毛剤は美容液とは異なり、医薬用となっています。元々緑内障の治療用として使用されていた点眼薬の医薬成分を利用し、医療用として開発されている特徴があることから、国内で手に入れるためには医療機関で処方を受ける必要があります。
この育毛剤の主な目的はまつげの発毛を促して、毛を伸ばしたり量を増やす作用を持っています。有効成分であるビマトプロストがまつ毛の毛根に作用して、育毛効果をあたえて太くコシのあるまつ毛に仕上げることが出来ますし、継続して利用することで約8割の人が育毛効果を実感出来る高い作用を持っています。
ただし医薬品であることから成分の刺激が強く、間違った使い方をしてしまうと皮膚の色素沈着や目の充血、痒みなどの副作用が起こる可能性があるので、正しい使用方法で適切に目元に使用することが必要です。まつ毛美容液は化粧品、育毛剤は医薬品という分類がされているのにはこういった違いがあることを理解しておきましょう。

関連記事
しつこいニキビの種類とできてしまう原因とは?実はアレが悪かった!? 2020年06月23日

多くの人が体験したことのある肌トラブルとして挙げられるのがニキビです。ニキビとはおでこや頬、口の周りや下顎などに出来やすい発疹を指します。この症状は思春期から青年期にかけてよく起こり、人によっては胸元や背中などに出来る場合があります。この発疹は毛穴に皮脂が蓄積して出口の部分が炎症を起こし、隆起してい...

まつ毛育毛に効果バツグンのケアプロストの魅力!印象を残す目へ 2020年04月27日

今まで自分のまつ毛に自信がなく、マスカラやつけまつ毛、まつ毛エクステなど様々なアイメイクを試してきたという方は多いです。しかしマスカラは毎回専用のポイントリムーバーで落とすためまつ毛に負担をかけやすいですし、つけまつ毛は装着する際の接着剤によってデリケートな目元に負担を与えてしまいます。まつ毛エクス...

美容を高める有酸素運動で得られる効果と毎日続けられる方法をご紹介 2020年04月23日

肌質に適したスキンケアを行ったり、栄養バランスを考えた食生活に気をつけている女性は増えていますが、肌の乾燥などくすみが目立ち透明感がないという悩みがあるなら、運動不足の可能性が高いです。健康な体を手に入れるためには、規則正しい生活として適度な運動を行うことは欠かせません。健康な体を維持することができ...

乾燥肌の改善に漢方という答え!肌のかゆみをおさえしっとり肌へ 2020年04月21日

冬場になると、夏とは異なり湿度が低くなるため、加湿や保湿ケアなどを意識しておこなわないと屋外でも屋内でも、常に肌が乾燥しやすい環境になりやすいです。若い時期であれば肌の潤いが十分に足りているので、乾燥した空間でも肌が過度に乾くことはありませんが、年齢を重ねた肌はコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分...

やっぱり!シミ予防には紫外線対策が重要!冬でも気にするべき理由とは? 2020年04月18日

肌の老化トラブルの筆頭として挙げられるのが、多くの方の悩みの一つになっている顔に出来るシミです。シミが出来る原因には様々あり、老人性色素斑からそばかす、肝斑など種類によって必要な対策が異なるため、原因やシミの種類に合わせた適切な治療をおこなうことが重要となります。しかし、どのシミの症状でも肌に色素沈...