• ホーム
  • やっぱり!シミ予防には紫外線対策が重要!冬でも気にするべき理由とは?

やっぱり!シミ予防には紫外線対策が重要!冬でも気にするべき理由とは?

肌に悩む女性

肌の老化トラブルの筆頭として挙げられるのが、多くの方の悩みの一つになっている顔に出来るシミです。シミが出来る原因には様々あり、老人性色素斑からそばかす、肝斑など種類によって必要な対策が異なるため、原因やシミの種類に合わせた適切な治療をおこなうことが重要となります。
しかし、どのシミの症状でも肌に色素沈着を起こしてからさらに紫外線を浴びてしまうと、色素沈着が広がったり色が濃くなったりするなど状態が悪化してしまう特徴を持つため、シミが出来てしまったらまずやるべきことは紫外線対策といわれています。
紫外線対策として日焼け止めを利用する女性は多いですが、紫外線が強くなる夏の時期だけしか対策をしない人は少なくありません。紫外線自体は一年中降り注いでおり、特に5~8月になると紫外線量が多くなる傾向にあります。
しかし、冬場であっても紫外線は肌にダメージを与えるため、顔用のUVケア化粧品やボディー用の日焼け止めは一年中欠かさず使用することが重要です。また日焼け止めを選ぶ際に、防ぐことの出来る紫外線の種類をチェックすることも非常に重要です。日焼け止めやUVカット化粧品を選ぶ際には、UV-Bを防ぐ効果を現すSPF値と、UV-Aを防ぐ効果のあるPA値を意識するようにしましょう。
まずUV-Aとは光老化をもたらすといわれている波長であり、肌の奥まで届いてシミや老化を加速させる炎症を引き起こす原因となります。この波長は長いことが特徴の一つで、肌の奥の真皮までに到達するため細胞の酸化を引き起こして、ダメージを蓄積させてシワやシミ、たるみなどの抗老化を起こしてしまうのです。
UV-Bは肌表面が黒くなる日焼けをもたらすといわれる波長なので油断が出来ないですが、目に見える変化がすぐにあらわれないUV-Aを対策するためにも、シミ予防のために日焼け止めを選ぶ際にはSPA値だけでなくPA値の高さをあらわす+が高いものを選ぶのがおすすめです。
外出する際には日焼け止めを下地にしてメイクをする方法もありますが、汗や水などでメイクがヨレやすいという方は、UVケアができるファンデーションや化粧下地をこまめに塗り直すことをおすすめします。顔だけではなく首やデコルテ、手元なども日焼け止めを使って対策を行うことは大切です。また、瞳からも紫外線によるダメージを受けるので、日差しが強い日などはUVカット効果のあるサングラスを身につけることをおすすめします。
自宅にいる時には紫外線対策をしない方は多いですが、UV-Aは雲や窓ガラスも突き抜ける特徴を持つので、自宅にいてもダメージを受ける恐れがあります。室内でも日焼け止めを使用することはもちろん、窓にUVカットフィルムやカーテンを設置すると安心です。

関連記事
知らずに使っていると損をする!?まつげ育毛剤とまつ毛美容液の違い 2020年05月27日

自まつげを長く太く育毛する方法として、多くの女性が利用しているのがまつげ育毛剤とまつ毛美容液の二種類だとされています。しかしこの2つの違いを正しく理解せずに使用している方も増えてきていることから、正しい利用方法が守られておらず、きちんと育毛効果や美容ケアができていなかったり、場合によっては肌トラブル...

まつ毛育毛に効果バツグンのケアプロストの魅力!印象を残す目へ 2020年04月27日

今まで自分のまつ毛に自信がなく、マスカラやつけまつ毛、まつ毛エクステなど様々なアイメイクを試してきたという方は多いです。しかしマスカラは毎回専用のポイントリムーバーで落とすためまつ毛に負担をかけやすいですし、つけまつ毛は装着する際の接着剤によってデリケートな目元に負担を与えてしまいます。まつ毛エクス...

美容を高める有酸素運動で得られる効果と毎日続けられる方法をご紹介 2020年04月23日

肌質に適したスキンケアを行ったり、栄養バランスを考えた食生活に気をつけている女性は増えていますが、肌の乾燥などくすみが目立ち透明感がないという悩みがあるなら、運動不足の可能性が高いです。健康な体を手に入れるためには、規則正しい生活として適度な運動を行うことは欠かせません。健康な体を維持することができ...

乾燥肌の改善に漢方という答え!肌のかゆみをおさえしっとり肌へ 2020年04月21日

冬場になると、夏とは異なり湿度が低くなるため、加湿や保湿ケアなどを意識しておこなわないと屋外でも屋内でも、常に肌が乾燥しやすい環境になりやすいです。若い時期であれば肌の潤いが十分に足りているので、乾燥した空間でも肌が過度に乾くことはありませんが、年齢を重ねた肌はコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分...